トノとウタの毎日ワンU^ェ^Uダフル

ビションフリーゼのトノとウタの日常を綴っていきます(*⁰▿⁰*)

2月3日は…

ん?今日で何歳になったんだっけ?何歳で旅立ったんだっけ?

ふと暫く考えてしもた(笑)

生きてたら今日で72歳?旅立って4年。

小さい頃から大っっっ嫌いだった人。だって、大酒飲みで家庭を省みない人。わたしは母親代わりのおばあちゃんの事はもっっと大っ嫌いだったのに、全然味方になってくれんかったし。平気で我が子に多額の借金背負わせるし。この人の事もおばあちゃんの事も大っ嫌いだった!

昔からのお友達には、順子は横道逸れずに真っ直ぐ育ってきて凄いなってずっと思っとったよ!って言われたくらい無茶苦茶な家庭環境だった。

でも、倒れてからの10年以上今度はわたしがこの人の保護者として、選択や決断、責任、全てのお世話をした。大っ嫌いなのに。でも目の前のこの人は確実に弱っていく。悔しいけど放っとけんじゃん。大っ嫌いだけど、わたしの父親には変わりないもん。お母さんにもこの人にも、何一つ親らしい事なんてして貰った覚えがないよ。むしろ、ハヨ〜に死んで逝ったお母さんと厳しすぎるババァと大酒飲みのクソ親父の存在が恥ずかしすぎてわたしの人生返してくれ‼️て思いながら生きてきた。お友達みんなが羨ましかったし。でも、死を目の前にしたこの人のお世話をしていて、毎日心配で不安で可哀想で、闘病してるこの人と一緒にわたしまで痩せてしもた。毎日辛そうな姿を見るたびに隠れて泣いてる自分が居た。あ〜大っ嫌いだけど大好きなんじゃなぁって。旅立った時も今も、この人の事が大好きで愛おしい。今なら、この人が何で大酒飲みになったのかと、何でおばあちゃんが異常に厳しかったのか解るのにな。今も2人が生きてるなら「こういう理由だったからこうだったんよな?」てこの2人の心に寄り添えたのにな。2人なりに頑張ってくれてた事にありがとうって言えたのにな。それが出来なかったけどこの人のお世話が出来て良かった。ずっと傍に居れて良かった。親の死に目にあえて良かった。だってこの人が居なかったらわたしは存在してない。当たり前の事だけど、当たり前の存在だから気付けないよね人間って。

この人がわたしの親だったから、わたしは沢山苦労してきたけどそれ以上に沢山の学びや経験ができてるよ。人の痛みや思いに寄り添えてる気がするよ。親の愛情を知らずに育ってきたからこそ、我が子には自分と同じ思いをさせたく無くて必死に子育て出来てるよ。健康な身体に産んでくれた事と、母親代わりで厳しすぎるババァじゃったけど、これらが或るから、今のわたしが在るよ!あんたらのおかげじゃわ!クソ親父!クソババァ!お母さん!って、自分が大人になって、ヒトの親になって感謝と有り難みを知りました♪

どんなに大嫌いな存在だったり、気不味い関係になっていたとしても、親は大切にしてほしいなって心から思います。

それと、片親だからとかどうだからとか世間が決めた常識に囚われて苦しんでる人が居るならば…片親でも子は立派に普通に育ちます。両親が揃っていても横道逸れる子は逸れるんです。そんな世間体や常識に拘って、自分のせいにして暗い顔を我が子に見せる事が 子にとって辛く哀しい状況なのです。自分がどんな状況に置かれていても、我が子にどんな状況を差し出していても、親である自分自身が幸せで楽しくてそれがお顔に出て笑顔で居る事が子にとっての1番の幸せなんだとわたしは思っています。

我が子を幸せな人生に導きたいなら、まずは自分自身が幸せである姿を我が子に魅せてあげてください♪

もう旅立って居ないけど、クソ親父お誕生日おめでとう❤️